ポラリス・キャピタル・グループ、富士通の携帯端末事業をM&A

平成30年1月31日にポラリス・キャピタル・グループ株式会社は、富士通の連結子会社である富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社の株式および富士通周辺機株式会社の携帯端末事業を承継する新会社の株式をポラリスが新たに設立する会社へ譲渡する契約を締結した。今後、5GやIoT時代に向けた技術開発投資、様々なアライアンス・M&A戦略による収益基盤の拡充、次世代に向けた新製品や新サービスの提供、ならびにEMS事業の拡充などを成長戦略の柱とし、事業の企業価値最大化をする見込み。

富士通携帯端末事業の再編に関する株式譲渡契約の締結について – ポラリス・キャピタル・グループ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください