ライザップグループ、ジーンズメイトのM&Aを発表!

美容・健康関連事業やアパレル関連事業を営むRIZAP(ライザップ)グループは1月16日開催の取締役会において、株式会社ジーンズメイト<7448>との間で、資本業務提携契約を締結したことを発表した。

1月17日~2月13日まで株式公開買い付け(TOB)を行い、ジーンズメイト筆頭株主の西脇健司氏(創業者)の所有する23.61%を含め、合計52.62%を取得する見込み。また、公開買付期間の終了後の2月20日~3月31日には第三者割当増資を行う予定で、増資後の株式所有割合は63.99%となり、ジーンズメイトの連結子会社化が完了するとのこと。

ジーンズメイトは全国でカジュアルウェア販売の「JEANS MATE」を中心に94店舗を運営しているものの、平成21年2月以降、厳しい経営状況が続いており、今回の子会社化を通じてRIZAP(ライザップ)グループのマーケティングノウハウを最大限に活用した積極的な広告宣伝により、一気に業績改善を行う方針を発表している。

買付代金総額:約17億5千万円(買付予定株数に公開買付価格160円を乗じた金額)

取得総額:約24億円

FA:大和証券

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください