石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油、19年4月経営統合

石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油は2018年7月10日、2019年4月に経営統合すると発表。新社名は「出光興産」。出光興産の株式を昭和シェルの株主に交付し、出光興産が昭和シェルの発行済株式の全部を取得する株式交換を実施する。本ケースでは合併ではなく株式交換による完全子会社化。出光興産が親、昭和シェルが子会社となる。本株式交換の効力発生日に先立ち、昭和シェルの普通株式は東京証券取引所市場第一部において上場廃止となる予定。旧村上ファンドの村上世彰氏が出光創業家の相談役になり交渉が前進した背景もある。

経営統合に関する合意書の締結のお知らせ – 出光興産株式会社 ニュースリリース 2018年7月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください